八代市の腰痛専門院 整体院、整骨院

プロフィール

 

 

前田 浩希(まえだ ひろき)
八代あんじゅ整骨院・整体院 院長
資格:柔道整復師(国家資格)

 

プロフィール
私は高校を卒業後からずっとこの世界に身を置いています。
もともとはスポーツトレーナーになろうと思っていたのですが、専門学校で実際に人の身体に触れ、痛みをとっていく仕事をみて「これだ!!!」と方向転換してしまいました。

 

 

昔から人の役に立つこと、に強い憧れのようなものがあり、
この世に柔道整復師という職業というものがあることを知って、すぐさま飛び込んだのです。

 

接骨院で働くための国家資格をとって
2年間は長崎市の整骨院で、1年間は雲仙市の整骨院で勤め、
その後島原市の整骨院で2年間院長を任されたのち、
現在の八代市で「八代あんじゅ整骨院・整体院」として独立開業しました。

 

高校を卒業し、資格をとってからは、
「5年で独立開業する!」という目標をもって、どんなことでも肥やしにするようにして働いてきました。

 

開業という目標があったため、「なんでもする」とやってきたことが今の自信にもなっています。

 

妻も一切反対することなく応援してくれ、そこにもって赤ちゃんが!

 

お客様が笑顔を取り戻すお手伝いを全力でやり、
その姿を妻や子どもにも見てもらい、
地域の人たちと私たち家族みんなに、
笑顔が広がるような取り組みを、ここ、
「八代あんじゅ整骨院・整体院」でやっていきたいと思っています。

 

私が大切にしていることは、お客様との信頼関係です。

 

過去にうつ伏せすらできなかった患者様が、
自分を信じてくれて毎日通ってくださり、すっかり元気になられたことや、
どこにいっても治らなかったとおっしゃられていた症状が改善できたことも。

 

まだ未熟だった私にとっては舞い上がるほど嬉しかったのですが、
それもひとえにお客様が信頼してくださっていたからだ、と今ではわかります。

 

患者さま、お客様との年齢でいえば私のほうがはるかに未熟者のレベルです。

 

そんななかでいくら白衣を着ていても、信頼関係なしで一方的に、
「治してやるから言うとおりにしなさい」という気持ちでは、
絶対にいい結果に結びつかないということを、五年間の経験で学ばせていただきました。

 

「私を信頼しなさい」ではなく自然と信頼していただけるような、
行動、言葉使いこそが治療の前にあるべきなんだ、と思っています。

 

うまい言い方ができず、堅苦しい言葉使いになってしまいました。

 

これから上手な表現は身につくものと信じて、
地域の患者さま・お客様のため、そして応援してくれている家族のために、
今はただひたむきに、結果のでる施術をしていきたいと思っています。